大倉山スタイルとは


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る


⇒もっと見る
幸運くじ
会員登録(無料)すると毎月プレゼントが当たる「くじ」引けます
全日本国民を勝手にランキング
今日のアナタは日本で何位
⇒くじを引く


携帯・スマホからアクセス▼ 携帯・スマホからアクセス
新聞に載らない内緒の話(爪を切る)

爪を切る



会社のデスクで爪を切っていたら、なにやら、ひどく年を取ったような気がした。

傍らのごみ箱を引き寄せ、背中を丸めて、引き出しから取り出した爪切りでパチンパチンとやっている。

通勤途中、ちょっと爪先に違和感を覚えた。すぐに爪切りを持ち出すほどのことではない。いつもなら自宅の、休日の昼下がりにでも済む用事である。 

新聞社の、乱雑な編集局だから違和感がないのか。普通の会社で、仕事中にこんなことをしたら上司から睨まれるのだろうか。経験がないからわからない。もっとも定年延長の、嘱託サラリーマンが昼日中から社内で爪を切っていたら、いくら新聞社でも若い人たちはゲンナリするだろうな。あたふたと切り終え、ボンヤリと日常に戻った。

父親が亡くなって昨年が七回忌だった。不肖の息子はすっかりそれを忘れて、慌てて墓参に駆けつけるという体たらくである。なに、親戚といってもわずかで、それも皆高齢だから法事に出向くのもやっとの状態だ。かえって余計な気苦労をさせなくてよかったと勝手に解釈した。
 
とんだ親不孝者である。

父親は、寝たきりだった母親を介護しつつ、その疲れであろうか脳梗塞を発症し右手、右足が不自由になった。気丈な人でリハビリをこなし、歩く方は人並みに回復したが、右手だけは最後まで元に戻らなかった。

時折、爪を切ってくれと頼まれた。足の爪が切れなかった。家人はいるが、とりわけ足の爪だけは私の仕事だった。たまの休日を待ちかねたように催促した。切り終えると「あー、サッパリした」と笑った。

晩年、医師からは余命あと3ヶ月と宣言された。父親には内緒にしていたが、右足にむくみが出、黄ばんだ下肢は、丸太ん棒のようにふくれあがった。行く末は、本人も気が付いていたろう。
 
もう長くはないな。そう思いながら、血の気の失せた、乾ききった爪に刃をあてると、そばから小片に砕け、床に、まばらに落ちた。

小爪を拾う、という言葉がある。

わずかな言葉じりをとらえて非難する、の意である。死語に近い。

七回忌を失念した私を父親は怒っているであろうか。
年忌を忘れるなど「わずかな」ことでは済まされまい。


<< 災害ニッポン・正…
四字故事よじこじ… >>
一覧へ

▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

SEAGULL
ふるや整骨院
ソフトウェーブ
東横線大倉山商店街
Hairsalon Luck